「逆転V」、今度は坂本の番!自己ベストSP2位 1位ザギトワに5・22点差/フィギュア - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

「逆転V」、今度は坂本の番!自己ベストSP2位 1位ザギトワに5・22点差/フィギュア

更新

坂本が初の大舞台で好発進。1位のザギトワを追う(撮影・中井誠)  フィギュアスケート・世界選手権第1日(20日、さいたまスーパーアリーナ)5年ぶりに日本で開幕。女子ショートプログラム(SP)で全日本選手権女王の坂本花織(18)=シスメックス=がほぼミスなしの演技を見せ、ルール改正後の自己ベストの76・86点で2位につけた。初出場優勝を目指す紀平梨花(16)=関大KFSC=は大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を失敗し、70・90点で7位と出遅れた。2018年平昌冬季五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が82・08点で首位発進した。フリーは22日に行われる。

<< 下に続く >>

 初めての世界選手権で自己ベストを更新した。坂本はノーミスの演技後、両手を突き上げて喜んだ。1万7923人が見つめる中、全日本女王が76・86点で日本勢最高の2位に入り、“ドヤ顔”で歓声を浴びた。

 「すごく満足している。“緊張しい”なので、もうちょっとドキドキすると思ったけどしなかった」

 冒頭のフリップ-トーループの2連続3回転は、持ち味の高さとパワーを武器に鮮やかに着氷し、2・12点の出来栄え点。続けてダブルアクセル(2回転半ジャンプ)、3回転ループも決めた。2月の四大陸選手権(米国)で出した今季自己最高(73・36点)を超え「やっと自分(の点数)を超えられた」。2018年平昌冬季五輪経験者は、5年ぶりの母国開催となった大舞台で輝いた。

 「(6位だった)平昌五輪前以上に練習してきた。四大陸が悔しくてすごく練習してきた」

 四大陸選手権で4位に終わった。SP首位発進もフリーでミスが相次いだ。表彰台を逃し、泣きじゃくった。帰国後の約1カ月間は練習に明け暮れた。朝練習を1時間から2時間半に増やし、陸上トレーニングなども行った。振付師のブノワ・リショー氏とは「一日8時間は一緒にいた」。リベンジを誓った世界選手権で躍動した。

 「頂点を目指しているけど(22日の)フリーはノーミスでするだけ。いい状態で臨めればいい」

 16歳の紀平に注目が集まる中、首位に立った平昌五輪女王のザギトワとは5・22点差の2位。4月から神戸学院大に進学する坂本。春の訪れを感じるさいたまで、逆転優勝に挑む。 (石井文敏)

データBOX

 ◎…SPとフリーの合計得点で争う現行方式となった2007年以降の世界選手権女子で、フリーでの逆転優勝は過去7度あった。最も大きな点差は18年でSP4位のケイトリン・オズモンド(カナダ)が首位と7.54点差をひっくり返した。

 ◎…07年と11年はSP2位の安藤美姫がそれぞれ3.97点、0.33点離されていた金ヨナ(韓国)を逆転。08年と10年はSP2位の浅田真央がそれぞれ0.18点差、2.32点差を巻き返している。

女子SP結果へ

PR