【SP8位一問一答】宮原知子「フリーに気持ち切り替えたい」/フィギュア - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【SP8位一問一答】宮原知子「フリーに気持ち切り替えたい」/フィギュア

更新

女子SP 演技する宮原知子=さいたまスーパーアリーナ  フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)を実施した。昨年の平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)は冒頭の2連続3回転をミスするなど、70・60点と8位と大きく出遅れた。

<< 下に続く >>

 --振り返って

 「最初のジャンプがうまく入れなかったのが悔しい。練習では良かったので、フリーに気持ちを切り替えたい」

 --原因は

 「スピードがなかったのが一番の原因かな」

 --力んだ感じか

 「(直前の)6分間練習のときに、詰まり気味のジャンプになった。そこから気持ちを切り替えられなかった」

 --大観衆はどうだったか

 「練習からもお客さんは入っていたけど、やっぱり試合は違うなと。すごく大きな声援とたくさん拍手をいただいて、ワクワクしながら滑ることができた」

 --今大会前に「練習の成果を出したい」と話していた

 「最初のジャンプ以外はステップなど滑り込んだ演技を出せた。どうしてもジャンプのことを考えると、滑り自体も練習のときほどは大きくできなくなってしまうので、(出来は)半分くらい」

 --22日のフリーに向けて

 「練習はきっちりやってきた。最後は自分を信じてやるだけ」

女子SP結果へ

PR