田中刑事「歓声を力に変える」 世界選手権に意気込み/フィギュア - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

田中刑事「歓声を力に変える」 世界選手権に意気込み/フィギュア

更新

会見でフォトセッションに臨む(左から)羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事=さいたまスーパーアリーナ練習リンク(撮影・中井誠)  フィギュアスケートの世界選手権は20日にさいたまスーパーアリーナで開幕し、5年ぶりの自国開催の日本勢が男女同時優勝を目指す。19日に公式練習が行われ、男子は2月の四大陸選手権覇者の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリップ、サルコー、トーループの3種類の4回転を成功し「(痛めた右の)足首は全く問題ない」と話した。田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は4回転サルコーを確認した。

<< 下に続く >>

 午前中に本番会場で公式練習に臨んだ男子の田中はSPの曲をかけた練習ではジャンプの回転が抜ける場面があり、その後は得点源の4回転サルコーなどを入念に跳んだ。

 全日本選手権や四大陸選手権での演技から「感覚をつなげる」というテーマで練習し、3年連続3度目の大舞台に備えてきたという。日本開催で練習から大勢のファンの拍手や歓声を浴びる雰囲気を体感し「しっかり本番を想定して、歓声を力に変えていきたい」と意気込んだ。

PR