萩野公介、日本選手権欠場「今は競技に正面から向き合える気持ちではない」/競泳 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

萩野公介、日本選手権欠場「今は競技に正面から向き合える気持ちではない」/競泳

更新

萩野公介  競泳男子の萩野公介(24)=ブリヂストン=が15日、4月の日本選手権(2日開幕、東京・辰巳)を欠場することをマネジメント会社を通じて発表した。

<< 下に続く >>

 不振にあえいでいた2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストは、「自分が『こうありたい』という理想と現実の結果の差が少しずつ自分の中で開いていき、モチベーションを保つことがきつくなっていきました」とコメントし、「平井(伯昌)先生と相談をした上で、スペイン高地合宿も参加しないことを決め、気持ちの回復を待ちましたが、今は競技に正面から向き合える気持ちではないことを受け入れ、今回の決断にいたりました」と、欠場の理由を説明した。

 日本選手権などで代表を決める世界選手権(7月、韓国・光州)の出場の可能性はほぼなくなったが、「今回を機に、自分の心ともう一度しっかり向き合いたいと思います」と再起を期す。

 2月のコナミオープンの400メートル個人メドレー予選で低調な結果に終わって決勝を棄権。原因不明の不調に苦しみ、2月19日からのスペインでの高地合宿の参加を取りやめていた。

PR