坂本さん、川内流でV!学連で箱根走った仲間から刺激/マラソン - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

坂本さん、川内流でV!学連で箱根走った仲間から刺激/マラソン

更新

両手を広げてゴールする坂本さん。世界の舞台で戦う川内に刺激を受ける(撮影・大橋純人)  古河はなももマラソンは10日、1万3000人が参加し、第7回大会が盛大に行われた。マラソン男子(42.195キロ)は、坂本智史(とものり)さん(32)=神奈川県陸協=が2時間19分12秒の大会新記録で初出場優勝を達成した。同女子(42.195キロ)は根元香苗(かなえ)さん(29)が3時間1分40秒で初優勝を飾った。

<< 下に続く >>

 春の訪れを感じる古河で、市民ランナーの坂本さんが軽快に駆け抜けた。2時間19分12秒の大会新記録で初出場Vだ。

 「タイムは2時間20分を切ることが目標だった。途中、厳しいかなと思うことはあったけど最後まで脚を動かせた」

 午前10時のスタート時点で、気温は11・6度。平坦(へいたん)な道のりが続くコースで、坂本さんは13キロ地点から独走状態に入った。これまでのレースで後半に失速することが多かった反省を生かし、序盤はペースを抑え、終盤の粘りにつなげた。2位に6分以上の大差をつけた。

 「川内優輝の存在は大きい。市民ランナーとしての地位を確立した彼に刺激を受けている」

 4月にプロ転向する川内優輝(32)=埼玉県庁=とは、10年以上の付き合い。関東学院大4年だった2009年の箱根駅伝に関東学連メンバーとして出場し、当時学習院大の学生だった川内と一緒に戦った。この日、びわ湖毎日マラソンに出場し、日本選手2番手の8位(記録は2時間9分21秒)だった川内に刺激を受けながら走り続ける。

 昨年3月に実業団のプレス工業陸上競技部を引退し、市民ランナーとして走り始めた坂本さん。練習方法には“川内流”を取り入れる。

 「優輝はメリハリをつけた練習をする」。1児のパパは、プレス工業で人事関係の仕事をしながら、育児にも励む。オンとオフの切り替えを大事にするように心掛け、練習時間を確保する。月400キロ前後を目標に、拠点とする湘南の風を浴びながら鍛錬する。

 「市民ランナーとしてどこまでチャレンジできるか。家庭、仕事、走りを楽しんでいきたい」。坂本さんは楽しさを求めて走り続ける。 (石井文敏)

 【主催】古河はなももマラソン大会実行委員会

 【共催】古河市、サンケイスポーツ

 【主管】古河はなももマラソン企画運営委員会

 【協力団体】古河市体育協会、古河市スポーツ推進委員会、古河市スポーツ少年団、古河市教育委員会、古河市行政自治会、古河商工会議所、古河市商工会、古河市工業会、古河市医師会、古河市観光協会、古河市観光連絡協議会、古河地区交通安全協会、雪華、JR東日本大宮支社古河駅、晃陽学園、古河市公共交通活性化会議、古河市シルバー人材センター、ミツトヨセブンイレブン古河運動公園前店ほか、コース沿道の住民並びに事業者のみなさま方

 【後援】産経新聞、夕刊フジ、フジサンケイ ビジネスアイ、フジテレビ、ニッポン放送、茨城県産経会

 【協力機関】茨城県警察、古河警察署、古河消防署、総和消防署、古河赤十字病院、友愛記念病院、古河総合病院、総和中央病院、茨城西南医療センター病院

 【協賛】日野自動車古河工場、関彰商事、キリンビール、オンワード商事、住友生命保険小山支社、STK、藤越衣料、日本ハム

 【企画協力】古河青年会議所、ルネサンス、スポーツ振興地域開発機構、日本工学院スポーツカレッジ

★川内弟の記録を1分12秒更新!

 坂本さんは川内の弟、鮮輝(よしき)が昨年出した大会記録を1分12秒上回った。マラソンチャレンジカップ(MCC)の大会記録更新規定により、30万円のボーナスをゲットした。アールビーズスポーツ財団がマラソン挑戦者を応援する施策で、坂本さんは“臨時ボーナス”を手に「うれしいです」と笑った。

★2009年(第85回大会)の箱根駅伝VTR

 関東学連選抜は往路13位、復路3位で総合9位だった。学習院大4年の川内は2度目の箱根路で6区を担当し、59分27秒の区間3位。9区を走った関東学院大4年の坂本さんは、1時間12分45秒で区間13位だった。総合優勝は東洋大。

坂本 智史(さかもと・とものり)

 1986(昭和61)年6月17日生まれ、32歳。山梨・北杜市出身。韮崎高から関東学院大に進み、2009年の箱根駅伝では関東学連選抜メンバーとして9区(1時間12分45秒で区間13位)を走った。マラソンは大学卒業後から本格的に始める。1万メートルの自己ベストは29分25秒。家族は夫人の優佳さん(34)、長女の紬(つむぎ)ちゃん(1)。166センチ、52キロ。

古河(こが)はなももマラソン

 花桃の里・古河市で開催されるマラソン大会。古河市中央運動公園発着のコースは最大高低差が10メートル以内でフラット。ゴールの制限時間は6時間40分以内で、ビギナーの方にもおすすめ。

PR