中村、箱根時代のライバル・大迫との対決「楽しみ」/マラソン - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

中村、箱根時代のライバル・大迫との対決「楽しみ」/マラソン

更新

プレスカンファレンスで会見する招待選手の中村匠吾=東京・新宿区(撮影・萩原悠久人)  2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日)の出場権を争う東京マラソンは、3日に号砲が鳴る。1日は東京都内で有力選手が記者会見した。

<< 下に続く >>

 マラソン3度目の中村匠吾(26)=富士通=が大迫に挑む。

 「久しぶりに同じレースを走るので、楽しみにしていました」

 駒大時代は1年先輩で早大のエースだった大迫と、箱根駅伝の1区で競った。最近の大迫の活躍に刺激を受け、「勝ちたい気持ちもある」と意欲的だ。

 昨年3月、びわ湖毎日マラソンでMGC出場権を獲得し、9月のベルリンで2時間8分16秒の自己記録をマーク。終盤にペースが落ちた2度の反省を踏まえ、今年9月のMGCでは最終盤の競り合いになると想定する。この大会に向けて、40キロ過ぎにペースを上げることを目標にトレーニングを積んだという。

 「40キロ以降の勝負なら(大迫にも)勝つチャンスはある。そこまでに引き離されないようにしたい」と目を光らせた。 (只木信昭)

PR