原が銅メダル「奇跡のよう!!」/モーグル - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

原が銅メダル「奇跡のよう!!」/モーグル

更新

 フリースタイルスキー・世界選手権(8日、米ユタ州ディアバレー)モーグル男子は原大智(21)=日大=が81・66点で、昨年の平昌五輪に続いて銅メダルに輝いた。日本男子の表彰台は、非五輪種目のデュアルモーグルを除けば史上2人目。前回大会優勝の堀島行真(21)=中京大=は81・30点で4位だった。平昌五輪覇者のミカエル・キングズベリー(26)=カナダ=が84・89点で優勝した。

<< 下に続く >>

 第1エアでコーク720(軸をずらした2回転)を鮮やかに決めると、第2エアもコーク720をグラブ(板をつかむ技)入りで決めた。平昌五輪で大方の期待を上回る銅メダルに輝いた原が、またも大舞台で躍動した。

 「なんか奇跡のよう。表彰台に乗れればとは思っていたけど、まさか現実になるとは」

 涙で息を詰まらせた。距離が長く、コブが大きい難コースのディアバレーは、昨季はW杯2戦でともに予選落ち。しかし、決勝1回目に6位で滑り込んだ2回目は、最速タイムをマークするなど成長ぶりを示した。

 ただ、優勝したキングズベリーには見劣りした。「エアの難度がまだ一つ足りない。コーク1080(3回転)をできたら優勝が近くなるのかな」。さらなる進化を期した。

PR