戸塚、男子ハーフパイプ2位「本当に悔しい」/スノボ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

戸塚、男子ハーフパイプ2位「本当に悔しい」/スノボ

更新

スノーボードの世界選手権ハーフパイプ男子で2位になった戸塚優斗=パークシティー(共同)  スノーボード・世界選手権(8日、米ユタ州パークシティー)ハーフパイプ(HP)の決勝が行われ、男子は平昌五輪代表で17歳の戸塚優斗(ヨネックス)が92・25点で2位に入った。日本勢が表彰台に立ったのは3大会ぶり。平昌五輪銅メダルのスコット・ジェームズ(24)=オーストラリア=が97・50点で3連覇した。穴井一光(21)=玉越ク=は75・75点の6位。五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(20)=木下グループ=は出場していない。

<< 下に続く >>

 逆転を狙った難技に失敗し、日本勢で史上2人目となる世界王者の望みは散った。男子の戸塚は初出場での2位にも「本当に悔しい。悔しいだけ」と笑顔はなかった。

 ジェームズの97・50点を上回れば金メダルだった最終滑走。縦2回転、横4回転の大技「ダブルコーク1440」を高々と決め、順調に技をつないだ。しかし、進行方向とは逆に振り向くように踏み切って横3回転半する「バックサイド1260」で着地が合わず、天を仰いだ。

 平野歩と平昌五輪王者ショーン・ホワイト(米国)の両雄が不在の中、事実上の一騎打ちで5点以上の差をつけられる完敗。「あとちょっと、と思うけど、そこから届かない」。力の差を痛感させられた。

PR