今井胡桃「風が強くなって…」 悪条件も無難にまとめ決勝進出/スノボ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

今井胡桃「風が強くなって…」 悪条件も無難にまとめ決勝進出/スノボ

更新

 スノーボードの世界選手権は6日、米ユタ州パークシティーでハーフパイプ(HP)の予選が行われ、平昌五輪代表の3人が出場した女子は今井胡桃(プリオコーポレーション)が73・50点で7位に入り、上位8人による決勝に進出。大江光(バートン)は14位、松本遥奈(クルーズ)は16位で敗退した。

<< 下に続く >>

 女子の今井は「風が強くなって合わせるのが難しかった」と言うものの、2本を無難にまとめた。悪条件に恐怖心を抱きながらも「高さを出していかないと点数が出ない」と果敢に攻めた。

 予選15位だった平昌五輪を含め、昨季は2桁順位に終わることが多かったが、今季は好調だ。巻き返しへ例年以上に練習をしたそうで「自信がある中で挑めている」と頼もしかった。(共同)

PR