業師の宇良、またもじん帯断裂…稲川親方明かす/初場所 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

業師の宇良、またもじん帯断裂…稲川親方明かす/初場所

更新

10日目、負傷した宇良=両国国技館(撮影・萩原悠久人)  大相撲初場所10日目の22日に右膝を痛めた元幕内の業師、宇良(木瀬部屋)が前十字じん帯断裂の重傷だったことが23日、分かった。

<< 下に続く >>

 木瀬部屋所属の稲川親方がこの日、自身のツイッターで「いずれ分かることなのでお伝えしておきます。宇良の今回の診断結果は、前回の怪我と同じで、前十字じん帯断裂です。落ち着いたら、本人と話して、また何かしらお伝えしようと思います」と報告した。

 10日目、幕下の注目の一番で、宇良が豊昇龍(立浪部屋)に掛け投げで敗れた際に、右膝を痛め、自力で歩くことができず車いすで運ばれた。平成29年秋場所から6場所連続休場の原因となった部位を再び痛め「詳しく診てもらう」と、東京都内の病院へ直行していた。

10日目結果へ

PR