豪風、引退表明“同期”稀勢に「いい指導者になって」/東北スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

豪風、引退表明“同期”稀勢に「いい指導者になって」/東北スポーツ

更新

豪風は常幸龍を押し出し、うれしい今場所初白星 (撮影・佐藤徳昭)  大相撲初場所4日目(16日、両国国技館)初日から3連敗した十両のベテラン豪風は、常幸龍を押し出し、今場所初白星を挙げた。

<< 下に続く >>

 当たって、いなして相手のバランスを崩しての攻め。豪風がいい流れで初日を出した。

 とはいえ東十両12枚目と、後がないだけに「一つ勝ったといっても、きょうの勝った負けたはあてにはならない」と、ベテランらしい受け止め方だ。

 この日、初日から3連敗した横綱稀勢の里が引退を表明した。大卒で39歳の豪風とは7歳差があるが、平成14年春場所の稀勢の里とは初土俵が1場所遅いだけで、教習所では机を並べるなどほぼ同期生だった。

 「勝って騒がれ、負けて騒がれ、見ている方は簡単にいうけど本当に大変だったと思う。まずはゆっくり休んで、辛い経験を踏まえていい指導者になってもらいたい」と、第二の人生に向けエールを送っていた。

4日目結果へ5日目取組へ

PR