『デフバスケ』日本代表の高山和也さん「チャレンジの大切さ伝えたい」/東北スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

『デフバスケ』日本代表の高山和也さん「チャレンジの大切さ伝えたい」/東北スポーツ

更新

米ワシントンで行われたデフバスケットボール世界選手権大会でプレーする高山和也さん=2018年7月(西口恵さん提供)  聴覚障害者向けの競技「デフバスケットボール」で、岩手県雫石町立雫石中3年の高山和也さん(15)が注目を集めている。21歳以下で争う昨年7月の世界選手権大会で男子日本代表に最年少で選ばれ、準優勝に貢献した。

<< 下に続く >>

 「同じ障害のある子供に、チャレンジすることの大切さを伝えたい」

 あどけない表情に頼もしさものぞかせる。世界大会で日本代表は決勝戦まで勝ち進み、惜しくも開催国の米国に敗れた。高山さんは予選リーグを中心に数試合に出場。身長約170センチと小柄だが、得意のスリーポイントシュートを決めるなど存在感を示した。

 幼い頃から難聴の高山さんは、小学4年の時に地元の少年チームでバスケットボールを始めた。普段は補聴器を着け、中学の部活動で健聴者と一緒にプレーしている。少年チームの関係者の紹介で昨年1月にデフバスケットの代表選考に参加し、素質を見込まれた。

 デフバスケットでは全く耳が聞こえない選手もいるため、試合時の補聴器の着用は禁止されている。周りの選手とのコミュニケーションが難しく、簡単な手話を覚えるなどして対応した。

 高山さんは「声を出せないと、こんなに大変なんだと実感した」と振り返る。自身の聴覚障害の程度は比較的軽いが、世界の舞台で共に戦った貴重な経験から「重い障害の人の気持ちが分かる。それが誇り」と胸を張る。

PR