Tリーグの雪辱!佳純が美宇を倒して8強、国際大会では6戦無敗/卓球 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

Tリーグの雪辱!佳純が美宇を倒して8強、国際大会では6戦無敗/卓球

更新

いきなりの日本勢対決。平野(奥)を相手に“先輩”石川が圧倒 (共同)  卓球・ワールドツアー・グランドファイナル第1日(13日、韓国・仁川)開幕し、女子単1回戦で石川佳純(25)=全農=が平野美宇(18)=日本生命=に4-1で勝ち、準々決勝に進出した。男子単で張本智和(15)=エリートアカデミー=はドイツ選手に4-1で勝ち、8強入り。女子複1回戦で早田ひな(18)=日本生命、伊藤美誠(18)=スターツ=組が中国ペアにストレート勝ちして準決勝に進んだ。

<< 下に続く >>

 女子単注目の日本勢対決は、石川が技術の多彩さを見せつけて平野を圧倒した。サーブ、レシーブで次々とプレーを変えて優勢に進め、「先手を取れるようにいろいろ工夫した」と自身の出来に納得の様子だ。

 平野に敗れた約1カ月前のTリーグの対戦が鍵だった。第1ゲームを奪ってからの逆転負けで、「守りに入り、単調なプレーにつながってしまった」と反省。この日は積極的なプレーを意識し、長短織り交ぜたサーブで的を絞らせないことに成功。台上の細かな技術も正確さが際立った。

 豊富な得点パターンを誇った石川と対照的なのが、平野だった。両ハンドの素早い攻撃がはまった時以外は苦しい展開を強いられ、「うまくいかない時に、そのままのペースでいってしまった」と肩を落とした。

 石川は国際大会では平野に6戦無敗。今年だけでも3戦3勝となり、2017年の全日本選手権決勝で敗れた相手への苦手意識は既にない。初戦に訪れた難関を突破し「今年最後の国際大会。後悔しないように頑張る」と強い決意を口にした。

ワールドツアー・グランドファイナル

 国際卓球連盟(ITTF)が主催するワールドツアーの年間最終戦。1996年に始まった。年間ランキングの上位者(単15位、複7位まで)と開催国枠の1人(1組)が出場。今回から混複が追加された。優勝賞金は男女の単が各10万ドル(約1135万円)、複は1万4000ドル(約159万円)。

PR