親方の知人の車使用か 飲酒運転疑い力士書類送検 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

親方の知人の車使用か 飲酒運転疑い力士書類送検

更新

 福岡県警は15日、飲酒運転による物損事故を福岡市で起こしたとして道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで大相撲幕下の神嶽力士(24)=本名与那嶺光、兵庫県出身=を書類送検した。宿舎周辺に止めてあった大嶽親方(元十両大竜)の知人の車を運転し、事故を申告していなかった疑いがあることも分かった。

<< 下に続く >>

 書類送検容疑は9日午前2時50分ごろ、宿舎近くの福岡市東区志賀島で酒気を帯びた状態で軽トラックを運転し、ガードレールに衝突した疑い。県警によると、通り掛かった別の車に宿舎まで送ってもらい、朝になって車を回収した。容疑を認めているという。

 県警によると、同じ部屋の力士2人と宿舎で瓶ビール2本とコップ4、5杯の日本酒を飲んだ後、コンビニに行くため運転した、との趣旨の供述をしている。事故の約3時間前まで飲酒し、他の力士が運転を把握していたかどうかは県警は明らかにしていない。

 車の所有者である大嶽親方の知人が9日午前、駐車した場所と違う位置に車が止まり、損傷した跡があるのを確認。知り合いを通じて110番した。

 神嶽力士は当初県警に対し「コンビニに向かう途中、事故に遭った車を見つけたので移動させた」などと虚偽の説明をしていた。その後の相撲協会の聞き取りで認め、再び県警の事情聴取を受けた。11日から福岡国際センターで始まった九州場所を休場している。

PR