塚原副会長、来年6月退任…千恵子本部長とともに任期満了で/体操 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

塚原副会長、来年6月退任…千恵子本部長とともに任期満了で/体操

更新

日本協会・塚原光男副会長  体操のリオデジャネイロ五輪女子代表、宮川紗江(19)が日本協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と塚原光男副会長(70)の夫妻からパワーハラスメントを受けたと訴えた問題で、光男副会長が11日、騒動発生後初めてテレビに生出演。千恵子本部長とともに来年6月で退任する意向を明らかにした。問題を調査する第三者委員会の結論が出るまで沈静化を図る考えを示した。

<< 下に続く >>

 光男氏は日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜前8・0)に生出演。約1時間半にわたって質問を受け、来年6月の任期満了をもっての退任を明言した。

 「今期限りで退くつもりです。メディアも一切出ない。これが最後になります」

 パワハラ騒動発生後、サンケイスポーツを含めて取材に応じてきた光男氏だが、テレビ番組に生出演したのは初めて。10月25日開幕の世界選手権(ドーハ)で2020年東京五輪の団体総合の出場権獲得(3位以内)がかかっていることなどを挙げて、「過熱した状況を沈静化したい」と心境を語った。

 宮川が協会の役員を一掃してほしいと主張している-と水を向けられると、「体操協会のガバナンスはしっかりと行われている」とし、自身の退任表明につなげた。

 退任を決断した時期については、「ずっと前から」として、今回の騒動の責任を取る形ではないことを強調。千恵子本部長についても「一緒です」と、夫妻そろって任期限りで退任すると明かした。

 日本協会の規定では、会長以外の役員は就任時に70歳未満と定められている。現在70歳の光男氏は原則、来年6月の役員改選で再任はない。協会は、光男氏側から現時点で退任の申し入れはないとした上で「よほどのことがなければ(規定通り)来年6月で退任となる」と説明した。

 日本協会は10日、第三者委員会の結論に基づいて理事会が判断するまで夫妻を職務停止にすると決定。千恵子本部長は世界選手権で指揮を執れなくなり、光男氏は「本人は相当ショックを受けていた」と話していた。

ランキング

PR