名馬キタサンブラックの子、3年後の走り待ちわびる - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

名馬キタサンブラックの子、3年後の走り待ちわびる

更新

引退したキタサンブラック。子供たちの活躍に期待がかかる  【女子社員コラム 言わせて系】約1年間の短い競馬記者人生の中で、1頭の名馬に出会うことができた。昨年末に引退したキタサンブラックだ。GI7勝を挙げ、年間獲得賞金は2016年、17年と2年連続でJRAトップ。JRA史上最多の総獲得賞金18億7684万3000円を稼ぎだした。年度代表馬に2度選ばれるなど、多くのファンに愛されたスターホース。競馬に関心のない私の友人でさえ、その名前を知っているのだからすごい存在だ。

<< 下に続く >>

 彼の馬房にお邪魔したことがある。馬房ではオフモードで、のんびりとしているのが印象的。2歳の頃からオンとオフがはっきりし、無駄なことはしない賢い馬だったという。顔つきや流星(顔の模様)も美しいが、ニンジンをポロポロこぼさずきれいに食べていて、レースだけでなく食べ方までも上手なのかと感心した。私がカメラを向けると、目線をこちらに向けてきちんと「キメ顔」を作ってくれた。馬房の中でも、彼は“スター”だった。

 驚いたことがある。担当の辻田厩務員から聞いた話だが、彼は栗東トレーニングセンターにいる間、一度も風邪や腹痛を起こさなかったというのだ。「よく食べてよく寝る子でした。とても丈夫。マイペースだったのが良かったんじゃないかな」と辻田さんは柔らかい笑顔で懐かしんだ。

 3年後の21年には、キタサンブラックの子供たちがデビューを迎える。丈夫な血を受け継ぎ、偉大な父のように活躍してほしいと願っている。(レース部・内田洋子)

ランキング

PR