稀勢の里、ヒヤヒヤの2連勝 貴景勝に逆転の突き落とし 白鵬と鶴竜は安泰/秋場所 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

稀勢の里、ヒヤヒヤの2連勝 貴景勝に逆転の突き落とし 白鵬と鶴竜は安泰/秋場所

更新

土俵際でこらえる稀勢の里(左)=両国国技館(撮影・今野顕)  大相撲秋場所2日目(10日、両国国技館)8場所連続休場から復帰して進退を懸ける横綱稀勢の里(32)は小結貴景勝(22)を突き落とし、2連勝とした。

<< 下に続く >>

 他の横綱陣は白鵬(33)が平幕勢(31)を上手出し投げで下し、鶴竜(33)は平幕魁聖(31)を送り出した。大関とりの関脇御嶽海(25)は平幕千代大龍(29)を押し出した。初のかど番の大関栃ノ心(30)は平幕豊山(24)を寄り切った

 稀勢の里は突いて出た貴景勝の鋭い押しに一気に俵に足がかかり、はたきに大きく体勢を崩す。なおも前に出る相手に対し、土俵際で逆転の突き落としを決めた。

 白鵬は立ち合いで右上手を取ると、勢に前に出られたものの、最後は頭を押さえながらの上手出し投げで土俵に転がした。

 鶴竜は低く当たると左手で前みつをつかみ、素早く右に動いて魁星の後ろに回り込んで難なく送り出した。

 栃ノ心は離れて取ろうとする豊山に右を浅く差し左上手をつかむと、右下手も取り万全の体勢に。残す相手に圧力をかけ続けて寄り切った。

 御嶽海は立ち合いから勢いよく突いて出た千代大龍に土俵際まで追い詰められるが、俵に沿って巧みに右に逃げ、はたきから体勢を整えると攻勢に転じ押し出した。

 

ランキング

PR