【坂井利郎レジェンドeye】錦織、苦手ジョコのサーブが取れない - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【坂井利郎レジェンドeye】錦織、苦手ジョコのサーブが取れない

更新

男子シングルス準決勝 ポイントを奪われうなだれる錦織圭=ニューヨーク(共同)  テニス・全米オープン第12日(7日、ニューヨーク)錦織の敗因は、本領が発揮される競り合う展開に持っていくことができなかったことだ。第2セットの第1ゲーム。6度のジュースの末にキープし、2ゲーム目で2度のブレークポイントを握るも、このゲームを取り逃がした。ここが唯一、ジョコビッチを自分のペースに引きずり込むチャンスだった。

<< 下に続く >>

 この日の敗戦で、ジョコビッチには通算2勝15敗。相手のサーブは一級品で、錦織の得意とするリターンからの連続ポイントが取れないことが、ジョコビッチの壁を破れない要因でもあるだろう。

 錦織は今後に向けて、サーブの前の間合いの取り方を工夫するといいだろう。ジョコビッチは、相手にポイントを取られると自分のサーブの前に12~14回ボールをバウンドさせ、間を切ってから打ってくる。自分のリズムもあるだろうが、こういった少しの工夫で相手にやりづらさを感じさせることができることも知るべきだ。 (日本テニス協会常務理事)

試合結果へ

ランキング

PR