【白星黒星】稀勢の里に敗れた勢「簡単に勝てたら横綱の価値がないです」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【白星黒星】稀勢の里に敗れた勢「簡単に勝てたら横綱の価値がないです」

更新

稀勢の里は寄り切りで勢に勝った=両国国技館 (撮影・大橋純人)  大相撲秋場所初日(9日、両国国技館)

<< 下に続く >>

 ○…常幸龍(十両が地位として明確になった1888年以降、三役経験者として初めて三段目に降下してから十両復帰)「土俵入りの時は感慨深かった。鳥肌が立った。千秋楽まで思い切り相撲を取りたい」

 ○…隆の勝(新入幕のホープが白星)「支度部屋にいる時からドキドキしていた。勝てるとは思っていなかった。めちゃめちゃうれしい」

 ●…正代(学生時代から闘ってきた御嶽海に黒星)「自分の形になれなかった。少しでも腕が入っていれば、また違ったと思うけれど」

 ○…栃ノ心(かど番で初日白星)「ちょっとドキドキした。初日から3日間いい相撲を取れれば、次につながっていく」

 ○…魁聖(大関豪栄道に快勝)「初日はいつも緊張するけれど、体は動いた。体重をうまく相手に乗せられた」

 ●…豪栄道(魁聖の寄りに屈し)「まだ初日。これからだ」

 ●…勢(稀勢の里に敗れ)「力み過ぎて体が動かなかった。(やりづらさについて)それは別に。簡単に勝てたら横綱の価値がないです」

 ●…玉鷲(速攻で寄り切られ、白鵬に13戦全敗)「気がついたら俵の外だった。横綱じゃなくて、自分に腹が立つ」

初日結果へ2日目取組へ

ランキング

PR