【準決勝敗退一問一答】錦織、大坂にエール「セリーナに勝つチャンスある。楽しんでいいテニスを」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【準決勝敗退一問一答】錦織、大坂にエール「セリーナに勝つチャンスある。楽しんでいいテニスを」

更新

男子シングルス準決勝 リターンする錦織圭=ニューヨーク(共同)  男子テニスの錦織圭(28)=日清食品=は7日、ニューヨークで行われた全米オープンのシングルス準決勝で元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、4-6、2-6で敗れ、準優勝した2014年の全米以来4年ぶり2度目の四大大会決勝進出を逃した。ジョコビッチに対して14連敗となった錦織は、打開策を見つけられない現状に表情は暗かった。(共同)

<< 下に続く >>

 --調子が上がらなかった理由は

 「自分のテニスがよみがえってくる気配がなかった。体が動かなかったので当然ミスも増えた。試そうと思ったことが、ことごとく封じられた」

 --相手にショットを読まれている感じは

 「しぶとさは彼の持ち味。今日は自分のショットが決まらずに自滅してしまった。決め切れなさが勝敗に響いた」

 --ジョコビッチへの意識は

 「彼との戦いは自分が強くなれる戦いでもあるので楽しみにしている。今日の敗戦も教訓として持ち帰りたい」

 --女子シングルス決勝に臨む大坂選手に経験者として助言は

 「セリーナに勝つチャンスはあると思う。決勝と準決勝は違ってくるが、楽しんでいいテニスをしてもらいたい」

試合結果へ

ランキング

PR