【決勝進出一問一答】大坂、セリーナへ愛の宣戦布告「アイ・ラブ・ユー!」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【決勝進出一問一答】大坂、セリーナへ愛の宣戦布告「アイ・ラブ・ユー!」

更新

力強いプレーで決勝に進出した大坂。次は憧れのセリーナを撃破だ (AP)  テニス・全米オープン第11日(6日=日本時間7日、ニューヨーク)女子単準決勝で勝利し、四大大会で日本女子初の決勝進出を決めた大坂なおみ(20)=日清食品=は、憧れのセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=との決勝を「アイドルとではなく、敵と思って戦いたい」と見据えた。

<< 下に続く >>

 --準決勝を終えて

 「夜の試合は(今大会)初めてだったので興奮もあった。ブレークポイントを握られても、不満を抱えないようにすることを意識した。前は試合の中で波があったが、今の一番の目標は試合を通じて安定すること。ここまで来ることができて感謝している」

 --大舞台でプレーが落ち着いていた

 「それは初耳。体は震えていた」

 --サーブで気をつけたことは

 「ダブルフォールトしないように」

 --バイン・コーチは今大会はベストの試合をしていると評価している

 「私もそう思う。大きな会場で最高の選手と戦えて、すべての努力がつながっている気がする」

 --決勝の相手、セリーナと対戦したい理由は

 「だって彼女がセリーナだから。子供の頃からの夢だったので本当にうれしい。ただ決勝ではアイドルとではなく、敵と思って戦いたい」

 --セリーナとの共通点は

 「正直、自分では分からない。似ているところもあれば違うところもあると思う」

 --セリーナへメッセージは

 「アイ・ラブ・ユー!」

 --今後の目標は

 「四大大会で優勝したいし、(ランキングで)世界1位にもなりたい。ただ、自分にプレッシャーはかけたくない」

試合結果へ

ランキング

PR