修造氏、錦織圭は4年前のジョコ戦を思い出せ「攻め続け強烈なメンタルで撃破」/全米テニス - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

修造氏、錦織圭は4年前のジョコ戦を思い出せ「攻め続け強烈なメンタルで撃破」/全米テニス

更新

松岡修造氏  テニスの全米オープン男子シングルス準決勝で第21シードの錦織圭(28)=日清食品=が元世界ランキング1位の第6シード、ノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=に挑む一戦は、7日午後(同8日午前)に行われる。

<< 下に続く >>

 現地でテレビ解説を務める元プロ選手の松岡修造氏(50)は自身の公式サイトで「この試合、ジョコビッチが有利…。数字的にも誰もがそう感じていることでしょう」と前置きした上で、「ただ、怪我からの復帰のなかで苦戦していたジョコビッチを生き返らせたのはいったい誰? 錦織圭である!」と主張した。

 その理由として2人が対戦した今年のウィンブルドン選手権を挙げ、「この圭との一戦で完全に息を吹き返してしまったのだ。なんと2年ぶりのグランドスラム優勝を果たしてしまったのだ。そう、ジョコビッチ完全復活のスイッチを押してしまったのが圭なのだ」と結論づけた。

 過去の対戦成績は錦織の2勝14敗で現在は13連敗中だ。松岡氏は連敗ストップへ、「今までのテニスでは勝てない。だ・か・ら→スーパー最速テニスへ」と提言。「コートの内側でどんどん攻めていく。スーパーゾーン圭に入り、無我の境地の集中力で叩き込め! そして、大事なのはいままでのようにジョコビッチのタフさがやって来ても、この全米で身につけた錦織タフで戦うことだ。全米での錦織タフをジョコビッチは知らない」とアドバイスした。

 また錦織がジョコビッチから最後の勝利を挙げた4年前の全米準決勝に触れ、「2014年の全米オープン準決勝でのジョコビッチ戦を思い出してくれ! 圭が攻め続け、強烈なメンタルでジョコビッチを撃破した日のことを。このセンターコートには圭の風が吹く! 圭ウィンドで、いざ決戦だ!」と熱く訴えた。

ランキング

PR