稀勢、復活へ10勝!阿武松部屋へ出稽古 阿武咲と13番 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

稀勢、復活へ10勝!阿武松部屋へ出稽古 阿武咲と13番

更新

稀勢の里(右)は阿武咲に胸を出した。充実の表情を浮かべた  大相撲秋場所だより(9日初日、両国国技館)左大胸筋痛などで8場所連続休場中の横綱稀勢の里(32)は2日、千葉・習志野市の阿武松(おうのまつ)部屋へ出稽古し、西前頭6枚目阿武咲(22)と連続13番取って10勝3敗だった。横綱にとって場所前の出稽古は今回が初めて。突き押しに徹して力を余すところなく攻めてくる阿武咲を真正面から受け止め、秋場所へ向け、心身ともに高まりをみせた。

<< 下に続く >>

 この感触を欲していた。阿武咲との三番稽古(同じ相手と何度も取る)の間、稀勢の里の表情にはうっすら笑みさえ浮かんでいた。

 一瞬でも力と気を抜くことは横綱に失礼と言い切る、阿武咲の当たりを体をぶつけて弾き返す。稀勢の里もまわしにこだわらず激しく突き押しで応戦。充実の13番を終えた稀勢の里は「力をつけているし、なかなか稽古場で力を出して激しくやってくれる人はいない。(阿武咲は)いい相手」とうれしそうだった。

 左大胸筋の負傷の影響で精彩を欠いていた左おっつけもみせ、阿武咲は「(横綱の)左からのはず押しが強かった。(自分の)体が浮いてしまった」。初日まで1週間。横綱の武器の復活気配は心強い手応えにもなった。

 3日からは所属する二所ノ関一門が場所前に実施する恒例の連合稽古もスタート。心身ともに高まりをみせ、復活への助走路を進む。(奥村展也)

ランキング

PR