萩野、追い上げ及ばず「このタイム差は大也との今の差」/アジア大会 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

萩野、追い上げ及ばず「このタイム差は大也との今の差」/アジア大会

更新

男子400メートル個人メドレー決勝 瀬戸大也のバタフライ 下は萩野公介=インドネシア・ジャカルタのアクアティックセンター(撮影・松永渉平)  ジャカルタ・アジア大会第5日(22日、インドネシア・ジャカルタ)競泳男子400メートル個人メドレーの萩野は最後の自由形での追い上げも及ばなかった。大半のレースで前半は瀬戸をリードするが、この日は逆の展開。「抑えめにいった」とはいえ、不調のバタフライから波に乗れず、主導権を握れなかった。

<< 下に続く >>

 4分6秒05の日本記録保持者が、リオデジャネイロ五輪後は一度も4分10秒を切れていない。不本意な結果が続く五輪王者は「このタイム差は(瀬戸)大也との今の差」と認めるしかなかった。(共同)

ランキング

PR