貴ノ岩らモンゴル勢4人厳重注意…台風余波で28日に来日できず巡業遅刻 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

貴ノ岩らモンゴル勢4人厳重注意…台風余波で28日に来日できず巡業遅刻

更新

巡業に遅刻した貴ノ岩も初日からドタバタだった  大相撲夏巡業(29日、大垣市総合体育館)大相撲の夏巡業が29日、岐阜・大垣市で始まった。モンゴルに帰国していた十両の貴ノ岩(28)、大翔鵬(23)、旭秀鵬(29)、東龍(31)の4力士が台風12号の影響で遅刻して巡業入り。日本相撲協会の春日野巡業部長(56)=元関脇栃乃和歌=から口頭で厳重注意を受けた。

<< 下に続く >>

 ドタバタの巡業初日となった。台風の影響とはいえ、遅刻は遅刻。貴ノ岩は神妙な面持ちで猛省した。

 「お客さんに喜んでもらえるよう、仕事はしっかりやらないと…」

 名古屋場所後に母国へ帰国していた4力士は巡業スタートに合わせて前日28日には再来日する予定だった。しかし台風が日本列島を直撃したことで、ウランバートルを28日午前7時に出発し、同日昼に成田到着する予定だった航空機が大幅に遅延。18時間以上も遅れた29日午前0時を過ぎ、ようやく来日の途についた。

 成田空港へ到着したのはこの日の午前6時頃。すぐさま新幹線で巡業会場へ向かったが、到着したのは正午過ぎ。貴ノ岩も「間に合っていない」と肩を落とすしかなかった。

 4力士は、取組は不参加となり、土俵入りだけ披露。春日野巡業部長は関取衆らを集めた訓示で「仕事なのだから気合を入れてやってほしい」と苦言を呈し、口頭で厳重注意とした。

 貴ノ岩は昨年の秋巡業で元横綱日馬富士に暴行を受け、頭部を負傷。九州場所と初場所を休場し、春場所から復帰していた。今月の名古屋場所では、13年の初場所以来の十両優勝を飾り「三役を目指したい」と意気込んでいたばかり。不運な形とはいえ、大事な巡業で出はなをくじかれる結果となってしまった。

ランキング

PR