トヨタが悲願のルマン制覇!中嶋一貴V、可夢偉らの7号車とワンツー/自動車 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

トヨタが悲願のルマン制覇!中嶋一貴V、可夢偉らの7号車とワンツー/自動車

更新

自動車耐久レースの第86回ルマン24時間で初優勝し、祝福されるトヨタ8号車とドライバーたち=フランス西部ルマン(AP)  第86回ルマン24時間決勝(16-17日、フランス・ルマン・サルテ・サーキット=1周13・626キロ)伝統の自動車耐久レース。2台で臨んだトヨタはポールポジションからスタートした中嶋一貴(33)らの8号車で初優勝を果たした。小林可夢偉(31)らの7号車は2位。3人のドライバーが交代して周回数を競い、3位以下に10周以上の大差をつけた。日本チームが日本車、日本人ドライバーを含む体制で勝つのは初めてで、日本メーカーとしては1991年のマツダ以来27年ぶり2度目。日本車のワンツーフィニッシュは初めてだった。

<< 下に続く >>

 待ち望んだ瞬間だ。中嶋が駆るトヨタ8号車がぶっちぎりのトップでゴール。クールダウンを終えて車を降りた中嶋は、アロンソ、ブエミと満面の笑みで抱き合った。

 「大きな夢をかなえた。最後は(マシントラブルがあった)2年前の記憶もよぎったが、落ち着いていた」

 中嶋が、万感の思いを口にした。

 「ノーパワー!!」。中嶋が無線で叫んだのは2年前。トヨタは終盤、2位のポルシェに1分半の差を築き、優勝目前だった。だが残り5分。突如エンジンパワーを失った中嶋のマシンはよろよろと停止。その横をポルシェが通過した。残り3分の悲劇だった。

 昨年は小林が予選でコース記録を出すなど速さを極めたが、決勝では3台中2台がトラブルやもらい事故でリタイア。残る1台もトラブルで2時間の修理時間を要し、54位から9位までの追い上げが精いっぱいだった。

 2012年にハイブリッド車で参戦を開始したが、ルマンで勝てないまま、ライバルのアウディが16年で、ポルシェも17年までで撤退。今季の参戦に「意味があるのか」と問う声もあった。だがやり残した思いは強かった。昨年12月の参戦発表時、豊田章男社長(62)は「24時間走り続ける“強さ”を兼ね備えることはできませんでした。まだその域に達していない」とコメントしていた。

 規定で優遇されるハイブリッド車を使う唯一のチームとして、絶対に負けられない今回。事前テストでは、わざと3輪状態で1周走ってピットに戻るなど、何があっても対処できるよう準備を徹底した。「NASA(米航空宇宙局)の宇宙船へのアプローチのようだった」とは、テスト担当ドライバーのアンソニー・デービッドソン(39)だ。

 「7号車と8号車どっちが勝ってもおかしくなかった。トヨタがとても強い車を用意してくれた」と中嶋。“24時間の悪魔”に、2年をかけて見事に雪辱した。

小林可夢偉「(7、8号車の)両方ともトラブルなく終えられた。トヨタは素晴らしい仕事をした。大きな目標を成し遂げた」

セバスチャン・ブエミ「間違いなく自分のキャリアで最高の勝利。(中嶋が)ゴールした時は特別だった」

豊田章男・トヨタ自動車社長「『思いっきり走ってくれて、ありがとう!』。20回目の挑戦にして誰より長い距離を走ってくれたドライバーたちみんなに向けてこの言葉を送ります」

★マツダの1991年優勝VTR

 技術規定の移行期でロータリーエンジンが認められる最終年だった1991年、マツダは3台体制で出場。55号車のフォルカー・バイドラー(ドイツ)ジョニー・ハーバート(英国)ベルトラン・ガショー(ベルギー)組が12番手からスタートした。メルセデス・ベンツ勢とジャガー勢が首位を争う中、55号車は軽量と低燃費を生かして順位を上げた。12時間を経過する前にジャガー勢を抜いて3位に。21時間過ぎに首位に立った55号車は、ペースを落とさず、そのままチェッカーフラッグを受けた。

中嶋 一貴(なかじま・かずき)

 1985(昭和60)年1月11日生まれ、33歳。愛知・岡崎市出身。全日本F3は2004年に年間5位、05年は2位。06年は欧州F3で7位。07年はF1直下のGP2で5位、最優秀新人。07~09年にウィリアムズ・トヨタからF1に36戦出場、最高は6位。国内最高峰のスーパーフォーミュラ(前身大会を含む)で2度の王座。12年から世界耐久選手権にトヨタから参戦。父は日本初のF1レギュラードライバー、悟氏。1メートル75、65キロ。

ルマン24時間

 フランス西部のルマンで行われる伝統の自動車耐久レース。F1のモナコ・グランプリ、インディカー・シリーズのインディアナポリス500マイル(インディ500)と並び、世界三大レースの一つと称される。1923年に始まり、第2次世界大戦などによる中断を挟み、今年で86回目。公道部分と常設サーキットを組み合わせた1周約13.6キロの特設コースをドライバーが交代しながら24時間走る。過去の最多優勝はポルシェの19度。ドライバーはトム・クリステンセン(デンマーク)の9度。2012年に始まった世界耐久選手権(WEC)に組み込まれている。

ランキング

PR