羽生結弦「身を引き締めて生活していかないと」国民栄誉賞に喜び/フィギュア - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

羽生結弦「身を引き締めて生活していかないと」国民栄誉賞に喜び/フィギュア

更新

JOCスポーツ賞を受賞し、壇上でインタビューに答えるフィギュアスケート男子の羽生結弦=8日午後、東京都千代田区  平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で五輪2連覇を達成し、1日に国民栄誉賞受賞が決まった羽生結弦(23)=ANA=が8日、東京都内で行われた日本オリンピック委員会(JOC)主催の2017年度JOCスポーツ賞の表彰式に出席し「国民栄誉賞を授与されるということを国民として誇りに思い、身を引き締めてこれから生活していかないといけないという思いでいます」と喜びを口にした。

<< 下に続く >>

 個人としては最年少の受賞で、スケート界からは初めて。羽生は「自分だけが受賞するのではなくて、僕に携わってくれた方々の努力が少しでも評されればいい」と周囲への感謝を述べ「国民栄誉賞を背負いながら、日本代表として世界で戦う上で日本人らしい、そしてアスリートらしい人間でいたい」と心構えを語った。

 4年後の北京五輪挑戦は言及を避けたが、出来栄え点の幅を拡大するなどのルール改正に「これからもジャンプの質にこだわり、自分の能力を最大限引き出せる構成で試合に臨みたい」と話した。史上初の成功を目指す4回転半ジャンプについては「自分自身挑戦したいことがフィギュアでは残っているし、磨き続けないといけないなと思っている。めらめらしてます」と力強く言った。

ランキング

PR