SANSPO.COM for mobile

森井大輝が金メダルに向けチェアスキーを雪上テスト 密着動画の第2回

試合
速報

森井大輝が金メダルに向けチェアスキーを雪上テスト 密着動画の第2回

更新

 3月9日に開幕する平昌冬季パラリンピックの日本代表にアルペンスキー男子座位で5大会連続出場となる森井大輝(トヨタ自動車)が技術チームとパラリンピックで使用するチェアスキーを開発する様子に密着した全5回の特別WEBムービ

<< 下に続く >>

ーが作られた。第2回はトヨタ自動車のスタッフによって完成した試作品を持って森井が雪上でテストを実施。何度も滑りながらさまざまな数値を計測し、ミリ単位の調節を行いより、良いチェアスキーを作り出す。昨季ワールドカップ個人総合優勝を果たしたモデルにトヨタ自動車の技術は勝ることができるのか。

森井大輝

 1980年、東京都あきるの市出身。4歳からスキーを始め、アルペン競技でインターハイ出場を目標に練習に励んでいたが、1997年バイク事故で脊髄を損傷。リハビリ中に見た長野パラリンピックの選手たちの笑顔に感動し、チェアスキーの世界へ。2002年のソルトレークシティー以来、パラリンピックに4大会連続出場。3個の銀メダルと1個の銅メダルを獲得。14年のソチでは日本選手団の主将を務めた。

 

ランキング

PR