大毅氏、元インターハイボクサーの“介護アイドル”にKO勝ち 自作曲に兄・興毅氏が涙/BOX - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

大毅氏、元インターハイボクサーの“介護アイドル”にKO勝ち 自作曲に兄・興毅氏が涙/BOX

更新

ボクシング元世界2階級王者の亀田大毅氏  元ボクシング世界2階級王者の亀田大毅氏(28)が1日、Abema TV「AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負」(後6・0~)に出演。元ボクシング世界3階級王者の亀田興毅氏(31)が昨年5月7日に出演した特別番組「亀田興毅に勝ったら1000万円」に続く企画「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」で、4人の挑戦者と対戦した。

<< 下に続く >>

 第4試合を1ラウンドTKO勝ちで終えた大毅氏は、挑戦者に選ばれなかった元インターハイボクサーの“介護アイドル”簗瀬寛(やなせ・ひろし)に「肩と腰が痛いから1ラウンドだけ」と自ら提案し、第5試合目を行った。

 1ラウンドだけの特別試合ということもあり、試合開始から果敢に攻める簗瀬に対し、大毅氏は冷静に動きを見る。2分ころには強烈なボディーブローを突き刺し、スタンディングダウンを奪った。

 その後も打ち合いから大毅氏がラッシュを仕掛け、ダウンを奪って1ラウンドKO勝ち。5人の挑戦者は1000万円を奪えなかった。

 大毅氏は、勝利後のパフォーマンスとして、歌を披露。「ボクシングでずっと辛い思いをしていたときに書いて、そのときにできた歌なので、リングの上で歌いたかった曲です」と説明し、自作曲「みんなへ」を歌い上げると、セコンドについていた興毅氏は目に涙を浮かべて聴き入った。

 簗瀬は対戦を振り返って「もう、ボクシングをやっていた人間として、世界チャンピオンと闘う機会って、夢のようなものなので。3分だけですけど、めちゃ苦しかったですけど、幸せな時間でした。キツイんですけど、やれてよかったです」と満足そうな表情を浮かべた。

 試合はボクシングルールで1人3分3回、両者ヘッドギア着用、グローブは14オンスを使用。大毅氏にKO勝ちした挑戦者は1000万円を獲得する。

 挑戦者と対戦順は、視聴者投票でこの日に決まった。大毅氏は第1試合で“地下”格闘技大会「THE OUTSIDER」にも参戦する“ケンカ屋”和魔(かずま)と引き分け。第2試合は大阪・ミナミのケンカ最強ホスト、黒咲豪(くろさき・ごう)にTKO勝ち。第3試合では生活苦に苦しむ美容師の三輪太一にTKO勝ちを収めた。第4試合は湘南の暴走族元総長、和田高志にもTKO勝ちを収めた。

ランキング

PR