コロナ禍の中IFABが新基準…相手や審判に対する意図的な“咳”はレッドカードの可能性 - SANSPO.COM(サンスポ)

コロナ禍の中IFABが新基準…相手や審判に対する意図的な“咳”はレッドカードの可能性

更新

コロナ禍の中IFABが新基準…相手や審判に対する意図的な“咳”はレッドカードの可能性  試合中に相手選手やオフィシャルに向かって故意に咳をした場合、レッドカードを提示される可能性があるようだ。イギリス『BBC』が伝えた。

<< 下に続く >>

 世界中で感染が爆発的に広がり、深刻な被害をもたらした新型コロナウイルス。サッカー界にもこのダメージは直撃し、スタンド閉鎖下での試合開催やセレブレーションの仕方、一時的な交代枠の増大など大きな変化をもたらしている。

 そんな中3日、ルール改正の責任機関である国際サッカー評議会(IFAB)は、主審の判断に委ねられるものの、相手選手やオフィシャルに対してわざと咳をする行為は「違反行為、侮辱的または罵倒する言葉やジェスチャー」に当たると言及した。

 さらに、新型コロナウイルス蔓延下でのガイダンスには「明らかに偶発的であり、他の選手との距離がある中で“咳”があった場合、レフェリーは処分に動く必要はない。しかし、十分に近い距離で、明らかに攻撃的な意図を持って行為が起きた場合、レフェリーは行動に移せる」と示されている。

 イングランドサッカー協会(FA)も同様な声明を出し、「インシデントが退場に値するには十分に重大ではない場合、“非スポーツ的行為”として警告を受ける可能性がある」とし、ルーティンとしての“咳”は処分の対象外になるものの、相手選手に向かって“明らかな意図”があるものには処分を下す可能性を示した。(Goal.com)

PR