トルコ強豪ベジクタシュが吉田麻也にオファー提示か サンプドリアは間もなく代理人と会談へ - SANSPO.COM(サンスポ)

トルコ強豪ベジクタシュが吉田麻也にオファー提示か サンプドリアは間もなく代理人と会談へ

更新

トルコ強豪ベジクタシュが吉田麻也にオファー提示か サンプドリアは間もなく代理人と会談へ  ベシクタシュは、日本代表DF吉田麻也にオファーを送ったようだ。

<< 下に続く >>

 今冬に7シーズン半を過ごしたサウサンプトンからサンプドリアに期限付きで加入した吉田。サウサンプトンとの契約は6月で切れ、サンプドリアとは新型コロナウイルスの影響で契約が伸びたものの、8月末に満了を迎える。

 一部メディアでは、イタリアのクラブで一定数の試合に出場したことで日本代表DFに去就の決定権が委ねられたとも報じられている。イタリアに残るのか、他のクラブと契約するのか、その判断には注目が集まっている。

 そしてトルコ『Sabah』によると、トルコの強豪ベシクタシュも吉田との契約を目指し、すでにオファーを提示、現在は選手側からの回答を待っているという。チームを指揮するセルゲン・ヤルチン監督は31歳の日本代表DFを評価しており、獲得を目指すアンタルヤスポルのウェリントンと組めば、強力なDFラインを構築できると考えているようだ。

 一方で、イタリア『Repubblica』は吉田が間もなくサンプドリア残留を決断すると報じた。日本代表DFは1年契約のオプションを行使する可能性がある一方で、クラブはサラリーを抑えた複数年契約の締結を検討しているという。本人は先日クラブの公式チャンネルで「もう1年残る可能性はあります」と話していたが、この契約に興味を持っているようで、近々代理人とマッシモ・フェレーロ会長が話し合いの場を持つようだ。(Goal.com)

PR