セティエン、バルセロナで来季続投を強調…ラ・リーガ優勝逸濃厚も「すべてではない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

セティエン、バルセロナで来季続投を強調…ラ・リーガ優勝逸濃厚も「すべてではない」

更新

 バルセロナのキケ・セティエン監督は、来シーズンも監督を続ける意向であることを強調した。

<< 下に続く >>

 セティエンは1月にエルネスト・バルベルデの後任として就任。2年半の契約を結んだが、チームに求められていた改善をすることはできず。セビリアやセルタ、Aマドリードに引き分け、Rマドリードに首位の座を明け渡した。

 今季は2位フィニッシュとなりそうだが、セティエンは自身が来季も指揮を執ると考えているようだ。

 「もちろん、来季も私がバルセロナで練習していると思う。これは以前にも経験したことだ。現実は期待されたことが達成されていない。あるいはまだ達成できていないが、仕事をしたことは評価されるべきだ。もちろん、来年の継続性も考えている」

 また、ラ・リーガの優勝を逃すことが濃厚なことに関しては「責任の一端を担っているが、すべてではない。私は3試合を引き分けただけで、そんなに悪いことはしていない。それよりもすべての試合に勝ったマドリーに焦点を当てるべき」と話した。(Goal.com)

PR