昨夏プレミア復帰の可能性あったコウチーニョ 移籍を止めたのは… - SANSPO.COM(サンスポ)

昨夏プレミア復帰の可能性あったコウチーニョ 移籍を止めたのは…

更新

昨夏プレミア復帰の可能性あったコウチーニョ 移籍を止めたのは…  ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョには、昨夏プレミアリーグ復帰の可能性があったようだ。『ミラー』が報じている。

<< 下に続く >>

 コウチーニョは今シーズン、バルセロナからBミュンヘンへとレンタル移籍。一方で、昨夏にはトットナム移籍の可能性があり、ダニエル・レヴィ会長も前向きに検討していたようだ。

 コウチーニョ獲得を反対したのは、当時の指揮官であるマウリシオ・ポチェッティーノ。より若い選手とともに仕事をすることを望み、チームにスター選手を加えることに前向きではなかったという。

 金銭的には余裕がありながら、昨夏はタンギ・エンドンベレ、ジョヴァンニ・ロ・チェルソの獲得にとどまったトットナム。そこにはポチェッティーノ前監督の意向が反映されていたようだが、結局は序盤の不振により、解任の憂き目に。前指揮官にとっては皮肉な結末となってしまったようだ。(Goal.com)

PR