「モウリーニョに同意する…エンドンベレは改善が必要」仏代表のレジェンドが後輩に苦言 - SANSPO.COM(サンスポ)

「モウリーニョに同意する…エンドンベレは改善が必要」仏代表のレジェンドが後輩に苦言

更新

「モウリーニョに同意する…エンドンベレは改善が必要」仏代表のレジェンドが後輩に苦言  フランス代表のレジェンドが、批判の対象となっているトットナムのフランス代表MFタンギ・エンドンベレについて「それは無理もないこと」との見解を示した。

<< 下に続く >>

 3月7日、バーンリーvsトットナムの終了後、指揮官ホセ・モウリーニョが45分のみでベンチに下げた教え子タンギ・エンドンベレに対し「ひどいパフォーマンスだった。もっと貢献してくれると思ったのだが…」と非難し話題となった。

 元フランス代表、エマニュエル・プティはイギリス『Sun』のインタビューを通して「確かにエンドンベレのフィジカルは万全じゃないし、もっと改善する必要がある」との見解を示している。

 「私も初めてエンドンベレに会った時“この選手はきっといい仕事ができる”と思っていた。だが常に安定したクオリティを出し続けるタイプではなく、どうしてもムラがある」

 プティは「いい試合をしても、3日後には平凡なプレーをしたりするからね。確かにもっとできるはず、という点ではモウリーニョに同意するよ。エンドンベレは明らかにオーバーウェイトだったしね」と述べ、トットナム指揮官に同調した。

 「やはりメンタル面の改善が重要だと思う。心と体のバランスが十分でフィットネスを向上させることができたら、トッププレーヤーになれるはず。あとは言語の問題もあるかもね。やはり異なる国でプレーするのなら、その国や文化に順応する必要がある」

 かつてアーセナル、バルセロナ、チェルシーを渡り歩いたプティは「トッププレーヤーになるのは難しい。そのためにはすべて犠牲にする覚悟だって必要なんだ。これは嘘偽りのない真理だと思う」と続け、エンドンベレに改善が必要だと強調した。

 2019年夏、エンドンベレは5400万ポンド(約73億円)の移籍金でリヨンからトットナムへ新天地を求めた。ここまでトットナムでは移籍金に見合った活躍ができず、指揮官モウリーニョからの信頼も失いつつあるエンドンベレだが、同胞の先輩プティも物足りない点があると見ていたようだ。(Goal.com)

PR