韓国紙がC・ロナウドを「自己中心的」と批判 試合中に帰宅疑惑「雰囲気を害する」 - SANSPO.COM(サンスポ)

韓国紙がC・ロナウドを「自己中心的」と批判 試合中に帰宅疑惑「雰囲気を害する」

更新

韓国紙がC・ロナウドを「自己中心的」と批判 試合中に帰宅疑惑「雰囲気を害する」  ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドが10日に行われたセリエA第12節・ACミラン戦で、途中交代させられたことに不満を示し、ロッカールームへ直行。そのままベンチにも戻らなかった行為について、韓国メディアは「名声に相応しくない行動」と非難した。

<< 下に続く >>

 1-0で勝利したACミラン戦、C・ロナウドは55分にパウロ・ディバラとの交代を指示されると、不満そうな表情を浮かべながら、両手を上げて怒りの素振りを見せてそのままロッカールームへと直行。さらに試合終了3分前にスタジアムを後にしたと報じられるなど、その行動に批判が向けられている。

 この問題について夏のアジアツアーでユベントスと同選手の不出場問題で熾烈なバトルを繰り広げた韓国が反応。韓国紙『スポーツソウル』は「試合はまだ30分もあったのに、C・ロナウドは自己中心的な行動をとった」と報道し、「彼はその名声に相応しくない行動をしたため、ユベントスの雰囲気はごちゃごちゃになっている」と非難した。

 さらには「C・ロナウドが抜けたあと、ユベントスはゴールを決めて劇的な勝利を飾った」ことを挙げ、「チームのリーダーであり、世界的なスターであるロナウドが、監督の交代の選択に抗議したことを意味するので、チームの雰囲気を害する」と批判を続けた。

 過去にもC・ロナウドがスタジアム内外で問題を起こしたことを指摘しつつも、それは「彼の技量でカバーしてきた」と同紙。しかし「現在のC・ロナウドの技量は以前ほどないので実力的にも今回の騒動を覆うのはより難しい」と続けている。

 同紙はファビオ・カペッロ氏の「C・ロナウドはここ3年間、ドリブルで相手を抜いていない。少なくとも私は見ていない」というコメントを用いて、「彼の言葉通り、C・ロナウドは今季も引き立つ活躍をしていない。もはや圧倒的ではない時点で出てきた問題は、チームの雰囲気を悪くする」と糾弾している。(Goal.com)

PR