離脱中のボローニャ冨安健洋が復帰に近づく 全体トレーニングに部分参加 - SANSPO.COM(サンスポ)

離脱中のボローニャ冨安健洋が復帰に近づく 全体トレーニングに部分参加

更新

離脱中のボローニャ冨安健洋が復帰に近づく 全体トレーニングに部分参加  ボローニャに所属する冨安健洋の復帰が近づいているようだ。

<< 下に続く >>

 今夏にシント=トロイデンからボローニャに移籍した冨安は、加入早々からチームの主力に定着。8月にはクラブの月間最優秀選手に輝くなどの活躍を見せており、一部ではローマやACミランといったセリエAの名門が注目すると報じられていた。

 そんな中、日本代表に招集された10月のインターナショナルブレイク中に行われたモンゴル代表戦の試合終了間際に負傷。代表チームから離脱して、イタリアで検査を受けた冨安の状態についてボローニャは「復帰まで30日から40日を要するハムストリングスの筋損傷」と発表し、以降公式戦を欠場し続けている。

 しかし12日、ボローニャは公式ウェブサイトで「タケヒロ・トミヤスは部分的にグループトレーニングに参加した」と報告。これまで治療メインのトレーニングが続いていた同選手だが、復帰に向けて順調に前進しているようだ。

 なお、現在11月のインターナショナルブレイク中のため、リーグ戦は2週間にわたり中断。ボローニャの次節は24日に予定されており、ホームでパルマと対戦する。(Goal.com)

PR