メッシ&C・ロナウド以上の決定力!ベンゼマがRマドリードの“エース”に君臨 - SANSPO.COM(サンスポ)

メッシ&C・ロナウド以上の決定力!ベンゼマがRマドリードの“エース”に君臨

更新

メッシ&C・ロナウド以上の決定力!ベンゼマがRマドリードの“エース”に君臨  RマドリードFWカリム・ベンゼマの好調ぶりが、データにも表れている。スペイン『マルカ』が分析した。

<< 下に続く >>

 2009年にスター軍団の一員となり、加入2年目からセンターフォワードとしての地位を確立し始めたベンゼマ。時には得点力不足が批判を集めることもあったが、今シーズンはここまでの公式戦15試合11ゴールと、スコアラーとしての価値を示している。

 『マルカ』によれば、FWクリスティアーノ・ロナウドがRマドリードからユベントスに移籍した2018年夏から現在までの期間でカウントして、欧州においてベンゼマ(41得点)以上に得点したのは3名のみ。

 BミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキ(63得点)、バルセロナFWリオネル・メッシ(60得点)、パリサンジェルマンFWキリアン・ムバッペ(47得点)だけだ。新天地という不利はあるが、C・ロナウドも34得点にとどまっている。

 さらに、1ゴール当たりに要したシュート数の比較でも際立つ。メッシが2.5本、バルセロナFWルイス・スアレスが2.8本、C・ロナウドが3.2本であるのに対し、ベンゼマはなんと2.3本。レヴァンドフスキだけが1.95本でベンゼマを上回る高効率を叩き出している。

 また、ジネディーヌ・ジダン監督が指揮官に復帰した3月以来、チーム内での依存度の高さも浮き彫りに。プレー時間2,092分でトップに立ち、DFラファエル・ヴァランが2,070分、MFカゼミロが1,920分で続く。まさに“エース”としての立場は確立されたものと言えそうだ。(Goal.com)

PR