カペッロ氏、C・ロナに苦言「去り際も王者であるべき」 - SANSPO.COM(サンスポ)

カペッロ氏、C・ロナに苦言「去り際も王者であるべき」

更新

カペッロ氏、C・ロナに苦言「去り際も王者であるべき」  ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて、イタリア人指揮官のファビオ・カペッロ氏が10日、イタリアメディア『スカイスポーツ』の番組内で見解を示した。

<< 下に続く >>

 C・ロナウドは今シーズン、ここまで公式戦14試合に出場6ゴールをマークしているが、11月に入ってからは直近の3試合において無得点と沈黙。10日のACミラン戦では、55分にFWパウロ・ディバラとの交代を命じられると、腹を立てる素振りを見せてロッカールームへと直行した。さらに先にシャワーを済ませ、試合終了3分前にスタジアムを後にしたとの報道もある。名将カペッロ氏は、そんなポルトガル人スーパースターの振る舞いに苦言を呈しつつ、自身の見解を述べた。

 「これは気に入らない。良くなかったね。去り際も王者であるべきだ。実際のところ、C・ロナウドはここ3年、ドリブルで相手を抜いていない。私はリーガ(エスパニョーラ)の解説をしたことがあるが、あの頃の彼はいつもドリブルでフェイントをかけて相手を置き去りにしていた。彼はエリア内において、誰よりも上手いスーパーな王者だ。しかしディバラやドウグラス・コスタが狭いスペースから凄まじいゴールを挙げる殊勲を見せた。これは今のC・ロナウドにできないことだろう。今、彼の調子は良くない。王者であることに議論の余地はないが、最高のコンディションにあるディバラ、D・コスタも同じように違いを見せることができ、C・ロナウドのいない試合でも勝利をもたらすことができる」

 「ユーヴェはC・ロナウド頼りであるかに見えたが、トップチームには素晴らしいクオリティの選手がおり、勝つことができる。彼を外す勇気を見せた(マウリツィオ)サッリは素晴らしかった。今のC・ロナウドは彼ではない。これまで見せてきたようなスピードやダイナミックさがなく、特にフィジカル面において回復しなければならないだろう」(Goal.com)

試合結果へ

PR