ボローニャSD、イブラヒモビッチ加入熱望「ビッグイベントになる」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ボローニャSD、イブラヒモビッチ加入熱望「ビッグイベントになる」

更新

ボローニャSD、イブラヒモビッチ加入熱望「ビッグイベントになる」  ボローニャのリッカルド・ビゴンSD(スポーツディレクター)が、イタリア国営放送『Rai』のラジオ番組『ラディオ・アンキオ・スポルト』に出演し、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ獲得の可能性について語った。

<< 下に続く >>

 2018年3月にマンチェスターUからメジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーに加入したイブラヒモヴィッチ。2シーズンで50ゴール以上をマークするなど大活躍した同選手だが、クラブとの契約は12月に満了を迎え、今後の去就が不透明となっている。そんな中、ボローニャのヴァルテル・サバティーニTD(テクニカルディレクター)がスウェーデン人選手の獲得を検討していることを明かしたことで、ボローニャに注目が集まっている。

 ビゴンSDも、ラジオ番組の中でイブラ獲得について言及。インテルミラノ時代からイブラと親しい指揮官シニシャ・ミハイロヴィッチを通したやり取りが続いていることを認めつつ、運命はスウェーデン代表FW次第であることを明かした。

 「イブラヒモヴィッチとミハイロヴィッチは直接やり取りできる関係にあり、ここ数カ月の間、(白血病で)闘病中の指揮官と接触があった。イブラヒモヴィッチの将来についても意見交換があった。ただ今後のことは選手自身が握っている。彼はこれから、イタリアもしくはスウェーデンに復帰するのか、それともアメリカでキャリアを続けるのかを決断することになる。選択権を持つのは彼。それでも我々はこのアイディアに魅了されている。もし彼が来てくれるとしたら、本当にビッグイベントになる」

 なお『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、イブラの決断が12月以降になると報道。高額なイブラヒモヴィッチ獲得へ向けて、スポンサーのマクロンが一肌脱ぐ可能性があると指摘している。果たして冨安健洋が所属するボローニャへの移籍は実現するのか、今後の動向は注目されるところだ。(Goal.com)

PR