レアルご意見番、ビニシウスに辛辣 最後の精度「簡単に学べるものでもない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

レアルご意見番、ビニシウスに辛辣 最後の精度「簡単に学べるものでもない」

更新

レアルご意見番、ビニシウスに辛辣 最後の精度「簡単に学べるものでもない」  元アルゼンチン代表FWホルヘ・バルダーノ氏が、マジョルカ戦に敗れたRマドリードに対して辛辣な意見を述べている。

<< 下に続く >>

 Rマドリードの元選手、監督、ゼネラルディレクターであり、現在はスペインメディアで同クラブのご意見番を務めるバルダーノ氏。スペイン『オンダ・セロ』の番組に出演した同氏は、マジョルカに0-1で敗れたRマドリードについて、次のように論じている。

 「前節のグラナダ戦を終えたときには、大きな期待を覚えたものだった。チームは安定したパフォーマンスを見せるための力を誇示したからだ。あの試合ではバルベルデが姿を現しただけでなく、モドリッチが再び姿を現した。あの日のチームにはプレーの構造があり、期待が持てたんだよ。しかしながら、マジョルカ戦のパフォーマンスはみすぼらしかった」

 「ジダンはインターナショナルウィーク中にも自チームで練習に取り組んだ選手たちを信頼した。が、チームは機能していなかった。ヨヴィッチはベンゼマと連携が図れず、イスコは本来のレベルにはなかった。そしてヴィニシウスに欠けているものは、簡単に獲得できるものでも学べるものでもない。一朝一夕で獲得できるものではないんだ。加えてクルトワには失点の責任こそなかったが、シュートを放たれるとゴールになってしまうというように、運に恵まれていない。そうやって自信を失っている」

 バルダーノ氏の言葉の中でも重く響くのは、ヴィニシウスについての見解だろう。ブラジル人FWはドリブルの勢いやキレこそあるものの、シュートやラストパスがあまりにお粗末であると、ファンの間では批判が生じつつある。まだ19歳と若いヴィニシウスは、最後の詰めでの精度をここからどこまで上げていけるのだろうか。(Goal.com)

PR