鳥栖・トーレスの引退試合、2万人超がスターと別れ スタンドにはスペイン語で横断幕 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

鳥栖・トーレスの引退試合、2万人超がスターと別れ スタンドにはスペイン語で横断幕

更新

神戸戦を前にイニエスタ(左)と言葉を交わす鳥栖・フェルナンドトーレス=駅スタ  サッカー、J1鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(35)が23日、佐賀県鳥栖市の駅前不動産スタジアムでの神戸戦にフル出場し、現役を引退した。ゴールはならずチームは1-6で敗れたが、2万3055人の観客が、世界的スターの最後を温かく見守った。

<< 下に続く >>

 フェルナンドトーレスと、旧友で同い年の神戸MFイニエスタは、そろってキャプテンマークを着けての出場。キックオフ前のコイントスでは熱い抱擁を何度も交わした。2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、スペイン代表としてともに戦ったFWビジャも後半途中から出場して競演した。

 別れを惜しむ涙のような雨が降る中、アトレチコ・マドリード(スペイン)チェルシー(イングランド)など、これまで所属したクラブのユニホームを着たファンも集まった。スタンドにはスペイン語で「最後は一緒に笑おう」と書かれた横断幕も掲げられた。

試合結果へ勝敗表へ

PR