鹿島、ホームで連勝ストップ…G大阪は5戦連続ドローで下位脱出ならず - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

鹿島、ホームで連勝ストップ…G大阪は5戦連続ドローで下位脱出ならず

更新

前半、同点ゴールを決め喜ぶ鹿島・セルジーニョ=カシマ  明治安田生命J1リーグ第24節が23日に行われ、鹿島アントラーズとガンバ大阪が県立カシマサッカースタジアムで対戦した。

<< 下に続く >>

 2連勝中の鹿島は首位・FC東京と勝ち点4差の2位につけている。前々節は上田綺世、前節は相馬勇紀と、新戦力が貴重な決勝点をマークし、勢いに乗りつつある。今節も二人はベンチスタートとなったが、後半からの起用が注目される。

 対するG大阪は5試合無敗を継続しているものの、4戦連続ドローと勝ちきれない試合が続く。しかも4引き分けのすべてがリードした終盤に追いつかれる展開となっており、勝ち切る部分で課題を露呈している。今節は井手口陽介が復帰後初先発。前線はアデミウソンも入り、パトリック、宇佐美貴史と強力攻撃陣を形成した。

 序盤にチャンスを作ったのはG大阪。5分にパトリックが放ったシュートのこぼれ球に宇佐美が反応して右足シュートで狙う。その2分後にも井手口の浮き球パスにパトリックが合わせたが、いずれもGKクォン・スンテがストップした。

 すると33分、後方からのロングボールに反応して走り出したアデミウソンが、ブエノに競り勝ってPA内でGKと1対1に。これをしっかりと仕留めてG大阪が先制に成功した。

 序盤からボールを保持しながらも先制を許した鹿島だったが44分、土居聖真のドリブル突破から最後は右サイドのセルジーニョへつなぐ。受けたセルジーニョがPA右から落ち着いてシュートを沈めてすぐさま同点に。前半は互いに1点ずつを奪って終了した。

 後半に入ると鹿島が逆転に成功する。58分、セルジーニョが右から対角線のクロスを供給。一旦相手にはね返されてしまうが、ボールを拾った小池裕太がPA手前から左足でシュート。これに伊藤翔が右足でコースを変えて、ゴールに流し込んだ。レフェリーは一旦ゴールか否か副審と協議したが、判定通り鹿島の逆転ゴールが認められた。

 66分にも鹿島。逆転弾の起点になった小池が正確なFKを蹴り込むと、中で町田浩樹が頭で合わせる。しかし、これは右ポストに直撃した。

 逆転を許したG大阪だったが72分、三浦弦太のロングパスに抜け出した福田湧矢が小泉慶に倒されてPKを獲得。このPKをパトリックがきっちり沈めてG大阪がスコアをイーブンに戻した。

 追いつかれた鹿島は伊藤を下げて上田、白崎凌兵に代えて相馬を送り出す。一方のG大阪も宇佐美に代えて矢島慎也、福田を下げて新加入の高木大輔を投入。G大阪は87分に高木がのパスを受けた渡邉千真が右足でシュートを放つが、枠を捉えられず。鹿島も88分、土居が反転してシュートに持ち込むも、決めきれず。

 互いにあと1点が遠くそのままタイムアップ。鹿島は連勝がストップし、勝ち点1を積み上げるにとどまった。対するG大阪もこれで5試合連続ドローとなり、下位脱出とはならなかった。(Goal.com)

 ■試合結果

 鹿島アントラーズ 2-2 ガンバ大阪

 ■得点者

 鹿島:セルジーニョ(44分)伊藤翔(58分)

 G大阪:アデミウソン(33分)パトリック(73分)

PR