香川、スペインデビュー白星!2部サラゴサ先発「常に僕を経由して全てが始まるくらいになれば」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

香川、スペインデビュー白星!2部サラゴサ先発「常に僕を経由して全てが始まるくらいになれば」

更新

金に染めた丸刈りで香川がデビュー。巧みなボールさばきを披露した (ゲッティ=共同)  スペイン2部リーグ(17日=日本時間18日、サラゴサほか)サラゴサに新加入した日本代表MF香川真司(30)がホームで行われたテネリフェとの開幕戦にトップ下で先発し、念願のスペインデビューを果たした。1-0の後半35分までプレーし、2-0勝利に大きく貢献した。同FW岡崎慎司(33)がベンチ外だったマラガは敵地でラシンを1-0で下した。

<< 下に続く >>

 まずまずのデビューを飾った。トップ下に入ったMF香川が、FKやパスでサラゴサのサポーターを魅了。3万人超を収容する本拠地が大歓声に沸いた。

 「きつかったが、何より勝つことを意識した。最低限のことはできたかな。1週間しか練習していないし、ぶっつけ本番に近かった」

 9日に電撃加入し、プレシーズンマッチを経ずに開幕戦へ。連係に不安を抱えていたが、前半2分にスルーパスで決定機を演出すると、後半26分にはループシュート。同35分に交代するまで存在感を見せつけた。

 ドイツ1部のドルトムントを構想外になり、念願だったスペイン移籍を実現した。2部リーグにとって、日本のビッグネームの加入は驚きをもって歓迎された。交代でベンチに下がるとサポーターから背番号23に大きな拍手が注がれ、地元のエル・デスマルク紙も「質が高く、巧みなボールタッチと洞察力、決定的なパスを見せた」と高く評価した。

 心機一転、髪を短く刈り込んでスタートを切った30歳。42試合という長丁場を見据え、「辛抱強くやっていく。常に僕を経由して全てが始まるくらいになればいい」と力強かった。求められるアシストやゴールについても「得点する準備はしている。そのためのプロセスがあるし、そういうチームにしていきたい」と引き締まった表情を見せる。

 10月以降にはマラガのFW岡崎、デポルティボのMF柴崎との日本勢対決が待っている。成熟の域に入った香川が新境地を開拓する。

スペイン2部リーグ

 1929年に創立。現在は22チームが所属し、ホーム&アウェー方式2回総当りで42試合を戦う。上位2チームが1部に自動昇格し、3-6位の4チームがトーナメント方式のプレーオフで最後の1枠を争う。下位4チームは3部に降格する。2018~19年シーズンはオサスナが優勝。本拠地の収容人数が1万に満たない小規模クラブもある。

PR