ローマ、ジェコとの契約を2022年まで延長 ここ4シーズンでリーグ戦63ゴール - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ローマ、ジェコとの契約を2022年まで延長 ここ4シーズンでリーグ戦63ゴール

更新

ローマ、ジェコとの契約を2022年まで延長…ここ4シーズンでリーグ戦63ゴール  ローマは現地時間16日、FWエディン・ジェコとの契約を2022年まで延長したことを発表した。

<< 下に続く >>

 ジェコは今夏の移籍市場で一時はインテルミラノへの移籍話がうわさされたが、インテルミラノはベルギー代表ロメル・ルカクを獲得し、この話は立ち消えに。ローマはチーム最大の得点源に期待を寄せており、流出阻止の意味合いも含めてボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWと新契約を結ぶ運びとなった。

 ローマのグイド・フィエンガCEOはクラブの公式メディアを通して「エディンはチームがこれからも前に進むためには欠かせないFWだと確信していた。私たちはその考えを変えなかったし、エディンもここに留まることを決意してくれて、本当にうれしい」との声明を発表している。

 また、ジェコ本人も「ここ数週間の間、僕が必要な存在であるとクラブ側はしっかり伝えてくれた。この4年間、ここでやってきたことが間違いではなかったと思ったんだ。ローマは僕にとってホームなんだよ」と、新契約締結の喜びを明かしている。

 1986年生まれ、現在33歳のジェコは2015年夏、マンチェスターCから1年間のレンタルでローマへ加入。16-17シーズンから完全移籍でローマに残留し、同シーズンはリーグ戦29ゴールをマークしてセリエA得点王のタイトルを獲得した。直近4シーズンでジェコはリーグ戦合計63ゴールを記録している。

 セリエAでは今季5シーズン目を迎えるジェコ。今回の契約で36歳までローマに留まることとなった。(Goal.com)

PR