ポグバがチーム糾弾、4失点完敗「失礼極まりない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ポグバがチーム糾弾、4失点完敗「失礼極まりない」

更新

ポグバがチーム糾弾、4失点完敗「失礼極まりない」  マンチェスターUのポール・ポグバは、完敗したエバートン戦でのチームパフォーマンスが「失礼なもの」だったと振り返っている。

<< 下に続く >>

 21日に行われたプレミアリーグ第35節で、マンチェスター・Uは敵地でエバートンと対戦。13分に先制点を許すとその後も失点を重ね、さらに攻撃陣は枠内シュート1本のみと不発に終わり、0-4の大敗を喫した。

 この結果を受け、オーレ・グンナー・スールシャール監督をはじめ、守護神のダビド・デ・ヘアやネマニャ・マティッチらがサポーターに対しての謝罪やチームの責任について口を開く中、ポグバもイギリス『スカイスポーツ』でこの試合での自身とチームの出来に苦言を呈した。

 「エバートンに対して敬意を欠いていたとは思わない。でも、僕やチームのプレーやパフォーマンスはすべての人に対して失礼だった。クラブやファンに対してのリスペクトを表せるものでもなかった。それに、ピッチ上でチームメイト、スタッフ、クラブのすべての人に対しての敬意が足りなかった」

 「彼らは彼らの人生を僕たちやチーム、クラブに懸けている。でも、僕たちはそれに応えることができなかったし、自分たちに対して怒りを感じている。もっと良くなる必要があるし、ピッチ上でそれを証明しなければならない」

 また、試合後に「マンチェスターUのチームとして相応しくなかった」とパフォーマンスを非難したスールシャール監督のコメントに同調している。

 「このクラブのユニフォームを着ている限り、クラブの文化、歴史へのリスペクトを持ち、ピッチ上でクラブのためにすべてを捧げなければいけない。昨日の試合はこのユニフォームを着る上で十分ではなかった。このクラブにいるということは、ここにいられるだけの価値があるということで、それをピッチ上で証明しなければだめだ。このユニフォームのために走り、汗をかいて、常に全力を出さなければいけない」

 マンチェスター・Uの次戦は24日に行われるマンチェスターCとの“マンチェスターダービー”。この試合でチームは本来の姿を取り戻せるのだろうか。(Goal.com)

PR