「並外れたゴール嗅覚。ピョンテクは私の後継者になれる」シェフチェンコが太鼓判 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

「並外れたゴール嗅覚。ピョンテクは私の後継者になれる」シェフチェンコが太鼓判

更新

 ウクライナ代表監督のアンドリー・シェフチェンコが21日、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応じ、古巣ACミランの新エースFWクシシュトフ・ピョンテクを絶賛した。

<< 下に続く >>

 ピョンテクは今冬、ジェノアからACミランへ移籍すると、リーグ戦出場8試合で6ゴールを決める活躍を見せてチームをけん引。ジェノア時代を含めると、今シーズンは合計19ゴールと得点王ランキングで2位につけている。21日に行われたユーロ2020予選のオーストリア戦(1-0でポーランドが勝利)においても、途中出場ながらも決勝点を挙げて母国ポーランドを勝利へ導いた。

 “レヴァンドフスキ2世”との異名を持つ23歳FWだが、最近ではかつてACミランで“ウクライナの矢”として名を馳せたシェフチェンコに例える声も上がっている。これについて、ウクライナ指揮官自身が見解を示した。

 「確かに私の後継者になれるかもしれない。並外れたゴールへの嗅覚を持ち、タイミングをずらしてマークを上手く外し、偉大なアタッカーとして相応しいゴールも決めている。またどちらの足でもキックが上手く、ヘディングも素晴らしい。現在、ACミランに大きく貢献している選手と言えるだろう」

 最後にシェフチェンコは、17日に行われ、3-2でインテルミラノの勝利に終わったミラノダービーについてコメントした。

 「ダービーは見たよ。終盤、ACミランには何度かチャンスがあったので、引き分けに持ち込むことも十分できたはずだ。それでもチャンピオンズリーグ出場権獲得争いに十分絡んでいけるし、枠を勝ち取れるはずだ」(Goal.com)

PR