AFC会長選は無投票に、対立2候補が出馬撤退 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

AFC会長選は無投票に、対立2候補が出馬撤退

更新

 アジア・サッカー連盟(AFC)が4月6日に行う役員選挙で、会長選は現職のサルマン氏(バーレーン)が無投票で3選を果たす見通しとなった。同氏を含む3人が立候補を表明していたが、23日までにAFC理事のロマイティ氏(アラブ首長国連邦)が取り下げた。関係者によると、AFC副会長のムハンナディ氏(カタール)も近日中に撤退を表明し、対立候補がいなくなる。

<< 下に続く >>

 クアラルンプールで行われる役員選挙では、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が、AFC選出の国際サッカー連盟(FIFA)理事再選を目指す。(共同)

PR