バルサ、100億円でのコウチーニョ売却を検討か…新天地の有力候補はPSG? - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

バルサ、100億円でのコウチーニョ売却を検討か…新天地の有力候補はPSG?

更新

バルサ、100億円でのコウチーニョ売却を検討か…新天地の有力候補はPSG?  バルセロナがフィリペ・コウチーニョの売却を検討しているようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

<< 下に続く >>

 2018年1月に熱望していたバルセロナ移籍を実現したコウチーニョ。1億2000万ユーロ(当時約163億円)とも報じられる移籍金でリバプールから活躍の場を移したブラジル代表MFだが、当初の期待とは裏腹にカンプ・ノウで十分なインパクトを残したとは言い難く、最近では十分な出場機会も手にできていない。

 リオネル・メッシ、ルイス・スアレスとともに前線のキーマンになることを期待されるも苦悩が続く現状を受け、クラブ首脳陣は大きな損失を被ることになるものの、8000万ユーロ(約101億円)以上のオファーを受け入れる準備を進めているようだ。

 バルセロナからの退団が噂されるコウチーニョに対して、マンチェスターUや古巣リバプール、チェルシーが新天地になるのではないかと以前から予想されていた。しかし、家族がイングランドでの生活に馴染めなかったこともあり、どうやらプレミアリーグ復帰は敬遠されることが濃厚だ。

 そして、現段階で最も可能性が高いのがパリサンジェルマン。今、欧州で最も財政面で力のある同クラブにとって、月230万ユーロ(約2億9000万円)を受け取ると報じられるコウチーニョへのサラリー支払いは問題ない。また、ネイマールやマルキーニョスといったセレソンのチームメイトがいることも移籍を後押しする可能性がある。

 その他にも、ユベントスやBミュンヘン、Rマドリードなども候補として考えられているものの、セリエA王者はアーロン・ラムジーと契約を結ぶことが濃厚で、ブンデスリーガ王者もハメス・ロドリゲスを買い取る可能性が高く、実現する見込みは限りなく低そうだ。

 さまざまな憶測が流れる中、コウチーニョは今夏にどのような決断を下すのだろうか。(Goal.com)

PR