バルサ移籍報道再燃も…グリーズマン姉が真っ向否定「新たな報道を読むのは面倒」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

バルサ移籍報道再燃も…グリーズマン姉が真っ向否定「新たな報道を読むのは面倒」

更新

バルサ移籍報道再燃も…グリーズマン姉が真っ向否定「新たな報道を読むのは面倒」  AマドリードFWアントワーヌ・グリーズマンの姉が、噂される移籍の可能性を真っ向から否定している。

<< 下に続く >>

 2014年にRソシエダードから加入したグリーズマン。これまで公式戦248試合で130ゴールを記録するなど、ディエゴ・シメオネ監督の下でエースに成長。昨季はヨーロッパリーグ決勝でもゴールを挙げ、不動の存在としてチームを支えている。

 しかし、フランス代表FWにはこれまで何度も移籍の可能性がささやかれていた。今季開幕前にはバルセロナが違約金満額を提示。当時は選手本人が移籍を断り、アトレティコとクラブ史上最高額の年俸で契約を延長した。だが、先日チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16で敗退したことを受け、再び噂が再燃。フランス紙『レキップ』は、CL敗退に大きなショックを受けているグリーズマン本人が、アトレティコでプレーし続ける気持ちが揺らぎ、バルセロナ移籍を再度検討し始めたと報じている。

 だが、グリーズマンの希望はアトレティコでプレーし続けることのようだ。グリーズマンの姉であるモード・グリーズマンは、『レキップ』で噂を真っ向から否定している。

 「毎日、弟が何を考えているかという新たな報道を読むのは面倒。この2年間、彼をマネジメントしてきたのは私、父、そして私達の弁護士だけです」

 「アントワーヌは今フランス代表に合流している。彼自身選ばれたことに名誉を感じ、そしてそれが唯一考えていること。今は何も起きていないというこを私が保証する」

 そして、グリーズマンがユベントス相手に逆転でCL敗退したことに落胆したことを認めつつ、他クラブからの接触を否定している。

 「確かに、アントワーヌは敗退にがっかりしている。本拠地でビッグイヤーを掲げることは彼の目標の1つだった。でも、彼はチームメイトや監督、役員やファンと一緒よ」

 「私達が接触しているクラブがあるとすれば、それはAマドリードです。他にはない」(Goal.com)

PR