インテル指揮官が告白「ダービーに“最後の晩餐”を持参していた。最後のはずだったが」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

インテル指揮官が告白「ダービーに“最後の晩餐”を持参していた。最後のはずだったが」

更新

インテル指揮官が告白「ダービーに“最後の晩餐”を持参していた。最後のはずだったが」  インテルミラノ指揮官のルチアーノ・スパレッティ監督がミラノダービー終了後の記者会見に出席し、背水の陣で試合に臨んでいたことを明かした。イタリアメディア『スカイスポーツ』が18日、伝えている。

<< 下に続く >>

 インテルミラノでは、エースのFWマウロ・イカルディの招集拒否がきっかけとなり、選手とクラブの間で対立が続いており、アルゼンチン人FWは1カ月以上にわたって欠場を続けている。そんな不穏な空気の中、インテルミラノは第26節のカリャリ戦(1-2)に敗れたことで、3位から4位に後退。続いてヨーロッパリーグでもMF長谷部誠が所属するフランクフルトに敗れて、準々決勝進出を逃した。

 スパレッティは自身の去就が危ぶまれる中、17日にリーグ戦10戦無敗と好調のライバル、ACミランとのミラノダービーに挑むことになったが、MFマティアス・ベシーノの起用などが功を奏し、3-2で勝利して順位も3位へと再浮上した。インテルミラノ指揮官は、ミラノ市内の教会で展示されているレオナルド・ダ・ヴィンチの名画「最後の晩餐」を引用し、皮肉ながらもこのときの心境を明かしている。

 「ダービーに持っていくべきものについて調べた結果、“最後の晩餐”も持参した。今回は私がベンチに座る最後のダービーになるはずだったからね。だがどうやら、次の晩餐もあるようだ。ミラノダービーとは、素晴らしいものだ」(Goal.com)

PR